レンタルサーバーは短期間でも使える?契約期間の事情を解説!

レンタルサーバーを使用するときに短期間で十分ですぐに解約したいという場合があります。しかし、あまりにも短期間では契約できないのではないかと不安になる人も多いのではないでしょうか。この記事では一般的なレンタルサーバーの契約期間を紹介します。

短期間で契約したいときに効果的な方法も紹介するので詳しく見ていきましょう。

「価格の安いレンタルサーバーのメリット・デメリットなどを詳しく紹介」

レンタルサーバーの契約には最低期間がある

レンタルサーバーの契約をするときには1日から契約できるというわけではありません。一般的にどのレンタルサーバーでも最低契約期間が設けられています。レンタルサーバーの契約ではサーバーを割り当てたり、契約書などのやり取りをしたりする必要があるため、業者としてはある程度長く使ってもらわないと元を取れないという事情があります。

そのため、最低期間に満たないうちに契約を破棄してレンタルサーバーの利用をやめると違約金がかかるのが一般的です。

違約金という形にはせずに、最低期間分の料金は支払わなければならない契約にしていることもあります。

いずれにしても短期間で契約を解除しようとしても、一定以上の期間分の費用を負担しなければならないのが一般的です。

レンタルサーバーを短期間だけ使いたいケース

レンタルサーバーを借りるときには中長期的に使用しようとしている場合が多いのは確かです。短期間で契約して使いたいと思うのはどのようなケースなのかを簡単に確認しておきましょう。例えば、ブログを開設して1ヶ月くらい運用したときに、集客効果が出たら継続し、効果が出なかったらやめるというケースがあります。

運用を続けないという判断になった場合にはかなり短期間での契約破棄になります。自社サーバーを起ち上げて運用するのに数週間から数ヶ月かかるというときに、まずはレンタルサーバーですぐに運用を始めるというケースもよくあります。

また、イベントの開催のためのホームページを開設するのが目的の場合には、イベントが終了するまでの短期間でのレンタルをしたいと考えるのが妥当でしょう。このようにレンタルサーバーを短期間だけ使いたいケースは意外にたくさんあります。

契約期間をニーズに合わせられるのは理想的でしょう。

契約期間の最低ラインは1ヶ月

日本のレンタルサーバー会社のサービスでは短期間の契約ができるところはあまり多くありません。契約期間の最低ラインは1ヶ月になっています。大抵のニーズでは1ヶ月の契約であれば十分に短期間で納得できるでしょう。

二週間程度のプロジェクトのためにホームページを用意するためのサーバーが必要というようなケースでなければ、契約期間として大きな問題にはならない範囲です。ただ、レンタルサーバー会社によって状況は異なり、3ヶ月または6ヶ月を原則としていることもよくあります。

年契約を前提としているレンタルサーバー会社もあるので、契約の際には注意が必要です。プランによって最低契約期間が異なる場合もあるため、短期間の利用を考えているときには気を付けましょう。

レンタルサーバーの無料トライアルは短期間

多くのレンタルサーバー会社ではトライアル期間を設けています。

レンタルサーバーを利用してみて不具合がないか、目的に合う速度やサービスが整っているかを確認してもらうために設けられているのがトライアル期間です。

短期間の利用をしたいというときには、レンタルサーバーの無料トライアルだけ使って済ませるということも可能です。

トライアル期間は10日、14日、30日といった期間が典型的で、1ヶ月未満になっています。極めて短期間の利用をしたいときであれば、トライアルだけで済ませることもできます。

トライアル期間は基本的に費用がかからないので、短期間の利用のときには検討してみましょう。ただ、無料トライアルをして本契約をしないという判断をした場合には、後々にトラブルになるリスクがあります。基本的にサービスに満足できなかったから契約しないという判断をしたと伝えることになるため、別の機会に契約したいと思ったときに支障が生じる場合があります。

以前は満足できなかったけれど、今回は良さそうだと考えたという話をして取り繕うことも可能ですが、お互いの信頼関係ができずにうまくコミュニケーションを取れないこともあるので注意が必要です。今後も使う可能性がある場合にはむやみにトライアルで終わらせない方が良いでしょう。

レンタルサーバーを短期間だけ使いたいときの注意点

レンタルサーバーを短期間利用するときには注意点があります。1ヶ月や3ヶ月といった最低期間が定められているときに、最低期間よりも短期間で契約を破棄する場合には違約金などが発生するのは上述の通りです。契約書に詳細が記載されているので、どのくらいの費用になるのかを必ず確認してから契約の可否を判断しましょう。

また、契約をする段階で短期間になる予定だということを伝えておいた方がトラブルが起こりません。例えば、最低期間が3ヶ月のときに、2ヶ月で終わりにする予定だと伝えた上で契約をすれば、レンタルサーバー会社も納得しているのでスムーズに手続きを進められます。

契約時点で短期間の利用ということを伝えておくだけで、今後の取引もしやすくなるでしょう。レンタルサーバーのトライアル期間を利用する場合でも同様です。20日のトライアル期間があったときに、この短期間で十分だという場合にはその旨をレンタルサーバー会社に伝えておきましょう。

本契約をしないけれど問題ないのかということを聞いてみるだけで印象が大きく変わります。レンタルサーバー会社によって対応は異なりますが、肯定的に考えてくれる会社がほとんどです。今回はお試しをしながら目的を達成してもらい、次回に契約できれば良いというスタンスで対応してくれることもよくあります。

トライアル期間だけを使ってお得に利用しようとすると、つい契約を短期間にしたいということを隠してしまいがちです。しかし、今後の付き合いが発生することを考えると正直に話をした方が信頼関係を失わずに済むので、トライアル期間だけ使わせてもらいたいと率直に伝えるのがおすすめです。

レンタルサーバーの短期間利用は慎重におこなおう

レンタルサーバーは契約の最低期間が定められているのが一般的で、短いところでも1ヶ月以上です。トライアル期間を使えばもっと短期間で済ませられますが、トライアルを使うときにも短期間利用で目的を果たせることはレンタルサーバー会社に伝えておきましょう。

今後の使いやすさを考えて、良好な信頼関係を構築するのがおすすめです。